二次事故の死亡率

交通事故が起きた際に二次事故が発生した場合、実は、死亡率が非常に高いということが分かっています。特に、高速道路やメインストリートで起ってしまった交通事故の二次事故の場合は、最初の事故だけであれば負傷者がそこまで居なかったものの、二次事故によって死傷者が出るというケースも少なくありません。

特に、高速道路で二次事故が発生した場合。こちらはケースによっても異なりますが、玉突き事故が発生してしまった場合などは、二次事故を起こしてしまった車両が、最初に事故を起こしてしまった車両と、三次事故を起こしてしまった車両の間に挟まれ、ドライバーが圧死というケースも少なくありません。また、最初の事故を起こした車が軽自動車、二次事故を起こしてしまった車が大型トラックなどの場合、言うまでもありませんが、最初に事故を起こしてしまった車がぺちゃんこに潰されてしまうというケースも少なくないと言えるでしょう。

このように、二次事故は死亡事故に繋がる可能性が高い、非常に危険な交通事故です。交通事故の被害者にも、加害者にもならないようにするためには、まずは安全運転を心がけること、万が一交通事故を引き起こしてしまった際の対策を、日頃からシミュレーションしておくようにすることが大切と言えるでしょう。

二次事故を防ぐには

交通事故の二次事故を防ぐためには、最初の事故を起こしてしまったドライバーは、このようなことに気を付ける必要があるでしょう。

初めに、交通事故を起こしたら、速やかに周囲の安全を確保するように努めて下さい。車を路肩に停車させ、けが人がいるようであれば、安全な場所へ連れて行くことを優先して行いましょう。車が万が一走行が不可能な場合は、まずはハザードランプを付けたまま、後方車両に注意しつつ、必要に応じて、三角板の設置、発煙筒の設置などを行う事が大切です。こうした安全措置を取ってから、各機関に連絡などを行いましょう。

また、二次事故を自分自身が引き起こしてしまわない為に最も心がけるべきなのは、充分な車間距離を空けるという事です。交通事故の二次事故の多くは、突然目の前で起った交通事故にブレーキが間に合わずに、追突してしまうというケースがほとんどです。交通事故はいつ発生しても可笑しくないものですので、日頃から万が一の事が起っても大丈夫なように、制限速度をしっかりと守り、車間距離をしっかり開けて走行するように心がけましょう。

交通事故の二次事故を防ぐためにはこのように、ドライバー一人一人のドライビングテクニックが重要となります。

二次事故の原因

交通事故の二次事故が起きてしまう原因は、大きく分けて二つの原因があげられます。

一つ目は、最初に事故を起こしたドライバーが原因の二次事故です。例えば、交通事故を引き起こしてしまった際に、車を停車している位置が悪かったという場合や、救命措置を行っている場所が悪かったという場合など、交通事故に関連する場所が悪かったという場合や、発煙筒や三角板を利用しなかったなど、充分な対策をとらなかったことが原因で、二次事故が起きる場合を差します。

二つ目は、二次事故を引き起こしたドライバーが原因の二次事故です。最初の事故を引き起こしたドライバーはしっかり対策をしていた物の、二次事故を起こしたドライバーが運転をミスしてしまったり、前方不注意、車間距離を充分に空けていなかったことなどで発生する交通事故の事を指します。こちらの場合、二次事故を引き起こしたドライバーにも大きな責任が発生することがほとんどですので、運転の際には、前方の安全をしっかりと確認することが大切だと言えるでしょう。

このように、二次事故はドライバーの責任によって引き起こされてしまうケースが多いので、交通事故を引き起こしたら、充分対策をとる事がまずは大切です。

交通事故の二次事故とは

交通事故を起こしてしまった場合、非常に恐ろしいのが、二次事故の発生です。交通事故の二次事故とはどのような物なのかをご説明します。

交通事故の二次事故とは、その名の通り、二番目に起ってしまう交通事故の事を指します。最初に起きた交通事故が原因となって、連続で引き起こされてしまう交通事故の事です。例えば、高速道路などで衝突の交通事故が起きてしまった際、後ろの車が止まりきれず、一番初めに事故を起こした車に衝突をしてしまうなどの交通事故の事を、二次事故と言います。

また二次事故は高速道路に限ったことではありません。例えば通常道路でも、交通事故を起こして止まっている車に気が付かず、追突してしまうという事故や、交通事故を起こしてしまいケガ人の救命措置を行っている際に、場所が悪く、他の車が衝突してしまうなどの交通事故も、二次事故として分類されます。

このように、最初に起った交通事故に更にプラスして交通事故が起ってしまうことを二次事故と呼びますが、二次事故に引き続き、三次事故、四次事故など、連続して起ってしまう事故も多くありますので、非常に危険だと言えるでしょう。

最初はけが人も居ないような軽い交通事故だったものが、二次事故が起ってしまった結果、死傷者が出てしまうという悲惨な事故も、実は少なくありません。万が一交通事故を起こしてしまった場合、巻き込まれてしまった場合は、二次事故を起こしてしまわないように、充分対策を行うことが大切だと言えるでしょう。