二次事故を防ぐには

交通事故の二次事故を防ぐためには、最初の事故を起こしてしまったドライバーは、このようなことに気を付ける必要があるでしょう。

初めに、交通事故を起こしたら、速やかに周囲の安全を確保するように努めて下さい。車を路肩に停車させ、けが人がいるようであれば、安全な場所へ連れて行くことを優先して行いましょう。車が万が一走行が不可能な場合は、まずはハザードランプを付けたまま、後方車両に注意しつつ、必要に応じて、三角板の設置、発煙筒の設置などを行う事が大切です。こうした安全措置を取ってから、各機関に連絡などを行いましょう。

また、二次事故を自分自身が引き起こしてしまわない為に最も心がけるべきなのは、充分な車間距離を空けるという事です。交通事故の二次事故の多くは、突然目の前で起った交通事故にブレーキが間に合わずに、追突してしまうというケースがほとんどです。交通事故はいつ発生しても可笑しくないものですので、日頃から万が一の事が起っても大丈夫なように、制限速度をしっかりと守り、車間距離をしっかり開けて走行するように心がけましょう。

交通事故の二次事故を防ぐためにはこのように、ドライバー一人一人のドライビングテクニックが重要となります。